千葉県で新規就農支援・就農研修 - 田舎日記の田舎研修

千葉県新規就農、千葉県農業研修、千葉県田舎研修。千葉県九十九里エリアにて農業や観光などの地域産業に研修生として携わり、研修生の地域での定住・起業、地域活性をサポートしています。

研修生ブログ

研修生プロフィール

あとむ

将来、自分の畑を持ち半自給自足の生活をしたいと思い、プランターで家庭菜園をやっていました。この研修に参加しながら、休耕地を利用して農作物を育てる取り組みにチャレンジします。本格的に農業を学びたいのでよろしくお願いします。

ながとも

以前から農業や田舎暮らしに興味がありました。農家の後継者不足や高齢化、嫁不足が深刻な問題点であるこの地域で農業に興味のある人たちが集まるコミュニティを作り、都会に住んでいる人も巻き込んでみんなで楽しくできる農業を目指します。

sallie

将来、自分が作った安心できる野菜でレストランを営業したいと思い、この研修に志望しました。過去にエコロジーを意識したイベントに飲食店として出展した経験をいかし、この地域のPRを外部に向けて発信していきたいです。

タツ

「将来、農業で生活していくことはできないだろうか」と考えておりました。
なぜ、農業か?と言いますと、自分らしく生きていくことができる仕事の一つではないかと思ったからです。
自分で自分の責任を取り、また、自分に嘘をつかなくてすむのではないかと考えるからです。

まだ私には農業経験があるわけではありませんし、農業の知識もございません。
そんな私にとって、今回の研修は最初の第一歩となるのではないかと思い、応募させていただきました。
恥ずかしいことにまだまだ勉強不足なので、今回の研修でなにを身につけたいなどと言うことができません。
ですので、これからのために必要な知識・技術がなにかを知ることができたらと思っております。

TAM

ハンドルネーム TAM

2010年4月頃に、新規就農するためにエントリー致しました。
前職は食品の卸売業に長く勤め、その後はIT関連の中小企業に転職し通信販売システムのインフラ構築に関わりました。卸売業では、返品ありきの大量生産された既製品を売り、コンビニエンスストアで廃棄される弁当のように、多くの食品を無駄にする販売をしておりました。
次第に物の価値について疑問を持つようになり、自分の間違った価値観について考えるようになりました。
物を大切にしたいと思うようになり、その為には生産者になって生産過程を知る事によって苦楽を
経験することが一番良いと考えました。
短い研修期間ですが、生産者の方と直接関われる貴重な体験ですので、とても楽しみにしております。この研修を将来の就農に活かしたいと思います。

ジン

以前から抱いていた「農業っていいな、酪農ってやってみたいな」という漠然とした憧れが叶う、絶好の機会だと思いこの研修に応募させて頂きました。
ですが、決して安易に良いイメージだけをもっているわけではありません。
スローライフという言葉はストレスフリーの象徴のように農業や自給自足を説明しているように感じますが、私は単純にそうだとは思いません。
職業として、生活するための農業は、他のどんな職種よりも厳しいものだと思います。
しかし他方、体を動かして、考えながら働くことは、何よりも楽しい仕事なのではないかな、とも思います。
予てからの念願だった農業体験を通じて、働くことの意義や自分の将来の希望が具体的になるように(都会以外への就職など)、一生懸命学ばせて頂きたいと思います。

あっきー

子供の頃から自然とか農業に興味を持ってはいましたがその場の雰囲気や流れにのって、普通に会社員を続けていました。
今の社会情勢や周りで起こる出来事により、本当に自分がやりたいことや大切なことを考えた末、今後は農業をやっていきたいと思い、先日会社を辞めました。
今回の研修により今後の方針や情報収集に役立てたいと考えています。

さかずき。

農業について、農業ビジネスについて、その現場を体験したいと思ってこの研修に応募させていただきました。
環境ビジネス、農業を日本の強みとして確立させ、世界に向けて広げていきたいと思っています。
そのための第一歩として、今回の研修を実践の場にしたいと思っています。

父さん

ただ純粋に自然大好き!!!!!!
野菜、フルーツ大好き!!!!!!(食べる専門ですが......。)
店に売られているものを買い、食べるだけなので普段なにげなしに食べているものがどのように作られ
ているのか疑問に思い、また実際に作る大変さや苦労を知ることにより、今までと食べ物に対する考え方が変わるのではと思ったので、この研修に志願しました。
この研修を活かして将来は「半農半X」を実践し、最低限の自分が食べる分は作りたいと思っています。

くま

農業は「人と自然をつなげるもの」だと考えています。
環境教育を志す者として、いままで体験したことのなかった農業というものを
実際に体験したいと思い、この研修に志望しました。
この6日間の中で、農家の方々の生の声を聞きながら、農業の楽しさや大変さを実感したいと思います。
あらゆるものを吸収し、また自らで考えることで、自分が行う環境教育の糧にしていきたいと思っています。

ともちん

現在大学3年生。就職活動真っ只中!!

働くってなんだろう?自分らしい生き方ってなんだろう?
を考え続けるなかで出会ったのがこの研修でした。

地元に農家が多いこともあり、昔から農業には馴染み深く、興味を持っていました。

けれども、実際に体験することはなかった農作業を実際にやってみることで、自分の将来を決める際のひとつのきっかけとなればなぁと思っています★

青ちゃん

今回のこの研修に参加したいと強く感じた理由は、「自分がいつも食べているものは誰がどんな風に作っているのか知りたい」と思ったからです。

人間は食わなきゃ生きていけない生物ですが、私の場合その食料は常に近くのスーパーにあります。

しかし、実はこれってとても特殊な状態なんじゃないでしょうか?
これから就職活動に入り自分の進路を決めていくなかで、農業を通して、「生きる」ってどんなことなのか??という「実感」を得ることは、例え農業とは関係ない方面に進んだとしても、どこかで必ず生きてくると感じます。

今回の研修では多くの事を考え、吸収していきたいと思います。

N.Y

もともと農業に興味があり、自分自身の趣味や仕事に取り込みたい事と、食の安全、地域活動、循環型農業など、社会的側面から見た農業の実際の現場を知りたいと思ったので参加しました。現在、自分で畑を借りているので参考にしたり、将来的には農業を仕事にする事も考えているので、今回の研修を活かしていきたいと思います。

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">