千葉県で新規就農支援・就農研修 - 田舎日記の田舎研修

千葉県新規就農、千葉県農業研修、千葉県田舎研修。千葉県九十九里エリアにて農業や観光などの地域産業に研修生として携わり、研修生の地域での定住・起業、地域活性をサポートしています。

21年度田舎研修プログラム

『就農のススメ』(終了)

 

3月8日~9日に行った第1回「就農のススメ」の当日の様子をリポートします!

 

事前キャンセル、当日キャンセルの方もおり、昼間からご参加いただいたメンバーは2名。

人数が少ない分だけ、一人一人が濃密に農業実習を行います。

まずは、25歳の若さで有機肥料や減農薬栽培にチャレンジしながら6品目の農作物を生産する若手農家さんの農業機械などを見せていただき、その後はお米の種籾を洗う作業をやらせていただきました。

 

就農④.jpg

まず、種籾を塩水に浸すと、実が入っていない軽い種籾が浮いてくるので、それを取り除いてから、水で何度か洗います。

 

 

 

 

 

 

就農⑤.jpg

それを専用の網に入れます。

一定量に取り分けるため、2人で協力しながら行います。

 

 

 

 

 

就農⑥.jpg

数を把握しやすいように並べてから、網の口を縛ります。

この後は更に水に浸すそうです。

これらの作業はお米の種まきに必要な最初の作業となります。

 

 

 

 

就農⑦.jpg

次は農家さんに鍬の使い方を指導してもらいます。

鍬の使い方は間違えると怪我につながります。

いかに効率的に、そして安全に鍬を使うかの指導をいただきます。

 

 

 

 

 

就農⑧.jpg

 

実際に鍬を使って、ネギを掘らせていただきます。

このネギは「ひかりねぎ」と言って、横芝光町のブランドになっています。

 

ネギの根っこを傷つけないように慎重に鍬を土に入れていきます。

 

それにしても土盛りがたくさんしてある。

こうすることによって、ネギの白身の部分が多く生まれるんだそうです。

 

 

 

 

就農⑨.jpg

2人でどんどんネギを掘っていきます。

 

気がつけばネギの山。

 

今日は寒いけど、自然に汗ばみます。

 

 

就農⑩.jpg

ネギ掘りの機械も使わせていただきました。

手で掘った後に機械を使わせていただくと、いかに機械が効率良いかが分かります。

 

2人とも初めての機械作業にびっくりしながらも慎重に上手に機械を扱っていました。

 

 

就農⑫.jpg

夜は成田にある築400年の古民家を改修してオープンさせた自然食レストラン「風楽」にて、若手農家や新規就農をした新規農家や、田舎で働き隊の研修生も踏まえ、「農業」をテーマにした座談会を実施。

若手農家の生の声を聞きながら、これから農業を志す若者の意見をお互いに交換することができた貴重な時間となりました。

 

 

 

 

就農⑪.jpg

2日目の朝も座談会も続きます。

テーマは、「新規就農とは?」と「どうすれば日本の食糧自給率はあがるのか?」という大きな2つ。

若者ならではの素直な意見交換ができた貴重な時間となりました。

 

 

 

 

就農⑬.jpg

横芝光町で唯一、梨を生産する若手農家さんの梨園も見せていただきました。

梨が全て均一に植わっている光景に圧巻させられました。

ここでは、こだわりの梨の作り方を教えていただきました。

 

 

 

 

就農⑭.jpg

最後はいちご農家さんの下で、こだわりのいちごの生産方法について学びました。

いちごを少しいただいたのですが、今まで食べたことのないぐらいの甘さを持ついちごでした。

 

 

 

 

今回の2日間では、これから農業を志す若者と日本の農業をもっと盛り上げたい若手農家との第1歩のネットワーク作りができたように思います。 

今後もこの企画を続けていきながら、ネットワークの幅を広げて行き、この若手農家が多い横芝光町の地域活性化につなげていきたいと思っています。 

農業に興味のある若者の皆さん、次回の企画も計画中ですので、この機会にぜひ横芝光町の若手農家の下で農業について学んでみませんか?!

 


日本の農業・農家に興味のある「若者」のみなさん!!

若手農家が活躍する 「ちば九十九里の横芝光町」 で、日本の農業や農家について一緒に学んでみませんか?

昼間は若手農家の指導のもとで農業実習、夜は座談会をやりながら、農に集う若者のネットワークを作ろう!!

エントリーは終了しました。

次回の企画をお楽しみに!

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">